AYAKO FUJI FANSITE

新歌舞伎座コンサート

20171002osaka1.jpg 20171002osaka2.jpg 20171002osaka3.jpg
20171002osaka4.jpg 20171002osaka5.jpg 20171002osaka6.jpg
20171002osaka8.jpg 20171002osaka7.jpg 20171002osaka9.jpg

10月2日(月)
藤あや子歌手生活30周年 記念コンサート 艶歌暦
会場:新歌舞伎座(大阪)
開演: 12:30~ 16:30~


 言葉が間違ってるかもしれませんが、降参…まいった…。
私にとっては、そんな感じのコンサートでした。素晴らしかった。

 朝、起きたら天候は雨。あや子さんの日で雨というのは、とても珍しい。
しかも、どしゃぶり。こんなの記憶にない。
会場近くで駐車場も見つけたし、雨だし、車で行くことにした。

はい、事故渋滞…。
色んなメールが届きます。
あや子さんと同じホテルだった方からは、同じ場所で撮った写真。🎃
ファミリーっておもしろい。好き。
「いつ来ますか?」「何時頃、会場に?」
梅新辺りで「今、入られました」とメール。凹

 千秋楽組は、平日ということもあり、ほとんど大阪はパス。
知ってる人は少ないだろうなと思っていましたが、会場下に着くとファミリーの方と再会して、ご挨拶などなど。初めましての方も。
中国地方、北陸、近畿日本海側などから集まってました。席につくと、東北やら東海の方も。熱い!!!
前日から来られてる方も多く、東北の方は、前日は三重に泊まって、コンサート翌日は諏訪湖に泊まると。みなさん、それぞれ楽しまれていました。

 さてさて、コンサート。始まる前から何やらザワザワ。
幕が上がり、歓声。大阪だ。
9月の明治座は、2階や3階ばかりで力尽きてしまったので、1階前はすごく新鮮な気持ちになりました。

 明治座の直後でお疲れのはず。MCでも明日倒れてもいいくらいの気持ちでいきます!!と言われていました。
でも、疲れている様子は見せず、昼公演も夜公演も素晴らしく、パワフルな歌声でした。一ヶ月公演の後って、こんなに声が出るものなのか…圧倒。なんかすごかった。気持ちよかったー。
そして、少しお疲れの時のあや子さんって、すんごく色っぽい。なんとも妖艶なのだ。
あーそうだった…いつも公演最終週のあや子さんがたまらなかったのに今回は行きそびれてしまった。
コンサートで堪能しました。う~ん最高。✨

 途中の休憩時、ファミリーのご夫婦の会話。
「今日のあやちゃん、ものすごい。お父さん、うちわなんて振って、軽く聞いてもったいない。一曲一曲ちゃんと受け止めて聴いてあげて!!」

 ゲストの二葉百合子さん。お身体は小さいのに、すごい存在感でした。
昔、大阪の旧新歌舞伎座で何度もお世話になったと、その時のお客さんでもないのに何度も何度も大阪のお客様と感謝を言われた。あや子さんのファンになるまで知らなかったような私まで熱い、嬉しい気持ちになりました。
話す時の客席との呼吸、間が絶妙。
歌声は、艶があって伸びがあり、素晴らしく…ものすごく感動しました。
客席が最大の拍手を送っているのがわかった。二葉先生も涙されていました。
客席との一体感がすごかった。歌ってすごい。

 コンサートの後半、ますます盛り上がりました。
これぞ藤あや子の世界。やっぱりコンサート。
5月の中野は、全体的に淡々としたものだった印象。今回の大阪は、大阪のノリというか、とても盛り上がった。
帰り、ずぶ濡れになったけれど、興奮して身体も心も熱かった。

 母と母の友人も観賞。
帰宅して感想聞くまでもなく、大絶賛。感動していた。よかったよかった。

 MCで来年四月の『花盛り四人姉妹』のことも話されました。
長女があや子さん、次女に石野真子さん、三女に藤原紀香さん、四女に三倉茉奈さん。
これだけは言わせてと「長女役なんですが、年齢は石野真子さんが上なんです!!」(会場爆笑)
帰宅後、なんとなくWikiを見たら…学年は違うけど、4ヶ月早いだけ。ほぼ一緒や〜ん。(≧▽≦)

 ※会場でフジサンガスキ変わったね、素敵になったね、前の方が見やすいなど、ご意見をいただきました。見てる方がいることに感謝。生の意見が聞けることに感謝でした。
ネットの変化、仕様変更に伴い、リニューアルしました。
私自身もPC版は、元の両サイドにスペースのある方が見やすいのですが、しばらくこちらでいこうと思っております。
見にくい箇所もあり、まだまだ思うようにいじれておりませんが、お付き合いいただけますと幸いです♪

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ