AYAKO FUJI FANSITE

訃報

デイリースポーツ online より>

『作詞家の三浦康照氏が死去…冠二郎、藤あや子が恩人を偲ぶ「むらさき雨情」』

日本コロムビアが29日、作詞家の三浦康照氏が20日に腸閉塞と肺気腫により亡くなったと発表した。90歳だった。
(略)
 また、三浦氏が手掛けた「こころ酒」、「むらさき雨情」などヒット曲が多数ある歌手の藤あや子は「女性の気持ちをこんなにも素直に歌で表現してくださった作家の先生は、これまで出逢ったことがなかったと思います。藤あや子を儚くも艶やかに色染めてくださった三浦先生…。もうお逢いすることもできないと思うと、悲しくて切なくてやりきれません」と感謝と故人を惜しむ気持ちをつづった。その上で「今はただ…心から感謝の気持ちでご冥福を祈るばかりです」と故人を偲んだ。記事を読む…

スポーツ報知 より>

『作詞家の三浦康照さん亡くなる、90歳』

 作詞家の三浦康照さんが20日、肺炎のため都内の病院で亡くなっていたことが29日分かった。90歳だった。
(略)
 また、歌手の藤あや子(55)もコメントを発表。紅白出場曲の「こころ酒」や「むらさき雨情」、昨年発売した「麗人草」まで多くの作品の提供を受け「女性の気持ちをこんなにも素直に歌で表現してくださった作家の先生は、これまで出逢ったことがなかったと思います。藤あや子を儚(はかな)くも艶やかに色染めてくださった三浦先生…。もうお逢いすることもできないと思うと、悲しくて切なくてやりきれません。今はただ…心から感謝の気持ちでご冥福を祈るばかりです」と心境をFAXで発表した。記事を読む…

産経ニュース より>

『作詞家の三浦康照氏死去、90歳 冠二郎さん「炎」、藤あや子さん「こころ酒」など』

三浦康照氏(みうら・やすてる=作詞家)20日、腸閉塞(へいそく)と肺気腫のため死去、90歳。葬儀は近親者で済ませた。
冠二郎さんの「炎」や藤あや子さんの「こころ酒」などを手掛けた。記事を読む…

スポニチ Sponichi Annex より>

『作詞家の三浦康照氏死去 「炎」「むらさき雨情」など手掛ける』

作詞家の三浦康照氏(みうら・やすてる、本名忠雄=ただお)が20日、腸へいそくと肺気腫のため東京都杉並区の病院で死去、90歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。
歌手の冠二郎の「炎」、藤あや子の「むらさき雨情」など演歌の作詞を数多く手掛けた。記事を読む…

にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ